止まり木

まず風や光をうまく利用する設計を目指します。そのうえで最も効率の良い設備の組み合わせで省エネを促します。最終的にはゼロエネ住宅を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

山車について・・・。

山車4


今日は、 「山車」 造りの手伝いをしました。討ち入り(1703)の前の年から始まった

と聞きましたが正確かどうかは調べていません。素朴な疑問ですが、なぜ苦労して作ったもの

を上より転がしてみるのでしょうか? 上記写真の場所より山車を転がします。 作況を占う

そうです。山車の起源は、山岳信仰にあるのではという説があります。


山車1


金物を1本も使用しないで作造るため、かずらで柔な構造体を作ります。ほそなどで固めすぎ

ると山車を落としたとき、損傷が大きくなります。知恵ですね。


山車2

昨今は、質の良い蔓が取れないとぼやいていました。


山車3



山車の上には、8人くらいの人が乗られるそうです。


かずら


かずらを3重位に巻き、棒を差し込んでねじて張力を調整します。




  m(_ _)m  いつも、クリックありがとうございます!

小野建設のホームページ

住まいづくりの会



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。