止まり木

まず風や光をうまく利用する設計を目指します。そのうえで最も効率の良い設備の組み合わせで省エネを促します。最終的にはゼロエネ住宅を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自立循環型住宅への設計ガイドラインセミナー

カエルの生き方



夜になると、自動販売機のところにきて効率のよい夕食をとります。(私はカエル)



自立循環型住宅へのガイドライン


最近、セミナーパークで「自立循環型住宅セミナーのガイドライン」セミナーを受講しまし

た。本来のパーフェクトな自立というのは、ガス配管のない、送電線のない廃棄物が出ない、

ということでしょうが、ここでいう「自立循環型住宅」 とは、その住宅の置かれている立地

条件と住まい方に応じてなるべく自然エネルギーをうまく利用できて、建物や設備機器をうま

く選択することによって効率よく生活できて、2000年水準の家よりCO2排出量が50パーセント

程度に削減可能で、2010年までに十分実用可能な住宅設計のガイドラインであることが定義さ

れてます。自社において実行可能なものを整理してみようと思います。




  m(_ _)m  いつも、クリックありがとうございます!

小野建設のホームページ

住まいづくりの会




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。