止まり木

まず風や光をうまく利用する設計を目指します。そのうえで最も効率の良い設備の組み合わせで省エネを促します。最終的にはゼロエネ住宅を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

孟宗竹

孟宗竹

現場に行く途中、山に、貝割れ大根の水耕栽培に見えたものがあったので、あわてて写真に収め

た。よく似ている。孟宗竹だろう。 調べると「孟宗竹」というのは,親孝行な息子(孟宗)が年

老いた母親が真冬に「タケノコを食べたい」というので,山に出かけるとタケノコが生えてい

たとかいう話からだそうだ。 日本の竹は、中国「江南の地」が元株らしい。その地は、(紀

元前六世紀頃には、現在の主食である米(稲)を齎し、唐の時代には最澄や空海等が仏教を学

んで日本に先進の医学や科学を伝え、宋の時代にはさらに多くの求法僧が上陸している。 そ

してここは栄西が「茶の種(薬として)」を入手したところとしても有名であり、”現代日本

文化の礎は、ほとんどこの江南の地から移入された”とさえ言われています。)出典:日本に

おける孟宗竹の歴史について

株式会社小野建設 一級建築士事務所 
onoken.net
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。